吉川化成株式会社 人・企業・地球により添うプラスチックを

電話でのお問い合わせはこちら

 

成形

創業以来、射出成形メーカーとして培われてきた成形技術は、今日も弊社の中核の技術であり、射出成形を知り尽くした成形技術者も多数所属。量産工程に至るまでに、流動解析の結果をベースとした最適な成形条件を見極めます。射出成形設備においても、国内・海外の全拠点に、数多くの射出成形機を取り揃え、精密プラスチック技術をベースにお客様の様々なニーズにお応えいたします。

 

■ 様々なニーズにお応えする設備環境

(2021年6月現在)
成形機 一般環境 クリーン
ルーム
合計
国内拠点 56台 52台 108台
海外拠点 74台 13台 87台
合計 130台 65台 195台

国内・海外拠点を含め、195台の電動サーボ射出成形機を保有。その内の約30%がクリーンルームでの精密部品・レンズ部品・医療機器部品に対応しています。

射出成形機(3t~1600t) 保有台数 195台

 

■ 安定した技術水準を保持

(2020年2月現在)
成形技能士 特級 1級 2級 合計
合計 3名 22名 70名 95名
プラスチック射出成形技能士(国家資格) 95名所属

厚生労働省認定のプラスチック射出成形技能士(国家資格)を保有。社員の約30%が本資格を保有しており、生産に携わる製造系社員だけでなく、営業・間接人員も本資格を保有していますので、プラスチックに関して知見がないお客様でも安心できるサポート体制を構築しています。

 

■ 65年に渡り培われた射出成形技術でサポート

精密 医療機器部品
大型 洗濯機部品

小物から大型成型品まで生産可能で、国内・海外拠点でも同一品質で生産可能な体制を構築しています。コストダウンに繋がるハイサイクル成形や、高品位外観部品の塗装レス化などへの取り組みも行い、高付加価値な射出成形技術でお客様のものづくりをサポートします。

 

■ 光学レンズ部品への取り組み

プロジェクター
投射用レンズ
ヘッドライトレンズ

成長拡大分野である光学部品への取り組みも2003年よりはじめており、今では主力製品の一つです。生産品目は、プロジェクター投射用レンズやデジタルカメラ用レンズなど様々な光学部品を生産しています。中でも車載用などに用いられるヘッドライトレンズは、技術的に難しい厚み20㎜の厚肉自由曲面レンズの成形も行い、大手メーカー様より高評価を頂いております。